債務整理ってなに?

債務整理ってなに?

借金は返済しなければいけないものです。しかし借金の利息の支払いができず、借金の返済のためにまた借金をして雪だるま式に借金が増えてしまい首が回らなくなってしまう人もいます。そんな状況の方を救済するためにさまざまな制度や法的な手続きがあります。これらの制度を利用して借金の整理をすることを債務整理と言います。

借金の利息の支払いができず、借金の返済のためにまた借金をして雪だるま式に借金が増えてしまい首が回らなくなってしまう人もいます。 債務整理については弁護士や司法書士などの専門家に相談したほうがいいでしょう。もしも返済に困ったらそのまま放置をしてしまわずに早めに債務整理することを考えましょう。

では、任意整理と自己破産について考えていきましょう。 任意整理というのは比較的借金の額が少ない場合、裁判所などの公的な機関を通すくことなく債務者が貸金業者などと交渉して債務を整理する方法です。しかしこうした交渉を債務者と貸金業者が直接行うのは難しいことです。

ですので通常は弁護士に依頼して交渉をすることになります。弁護士は債務状況を調査して整理案を作成し貸金業者と交渉をします。万が一話がまとまらなかった場合は任意整理をあきらめて自己破産などを選択することになります。

自己破産とはどうしても借金を返すことができず、任意整理もできない場合に最後の手段として申し立てをすることです。債務者は裁判所に自己破産の申し立てをします。借金を返済できない状態であることを裁判所に認めてもらい、裁判所から免責許可の決定を出してもらい借金の返済を免除してもらいます。

自己破産をすると戸籍に傷がついたり、会社を辞めなければいけなくなると思っている方もいるようですが、そのようなことはありません。会社は自己破産したことを理由に解雇することはできないので安心してください。また、戸籍に記載されるようなこともありません。自己破産を恐れて返済に苦しむのではなく、自己破産のことをよく理解して選択肢に入れることも大切です。

↑ PAGE TOP