キャッシングの審査について

キャッシングの審査について

キャッシングを検討している方は、審査について気になっているのではないでしょうか。 キャッシングは審査が通らなければ融資を受けることができないわけですが、初めてキャッシングを利用する場合には審査でなにが行われるのかよくわからず、疑問もたくさんあるでしょう。

まず、審査を受ける際に必要な書類を準備しなければなりません。これは2つ必要で、ひとつは本人確認書類、そして収入証明書です。

ただ、収入証明書は必ず必要となるわけではなく、一般的に消費者金融で借り入れをする際には50万円以上の申し込みをしなければ不要となっています。

銀行のカードローンを申し込む場合には、100万円以下なら不要であるケースが多いため、自分の場合は必要になるかどうか確認しておきましょう。本人確認書類は免許証や保険証などですね。

ついに、総量規制に引っかかっていないか確認しておきましょう。総量規制というのは、年収の3分の1までの金額しか借り入れができないように制限されている決まりのことです。 つまり、年収が200万円という方の場合、キャッシングで借り入れできるのは66万円までとなります。

これは1社のみの金額ではなく、すべての合計となっているので注意しましょう。 ただ、すべての借り入れが対象になるわけではありません。 対象となるのはショッピングローンやクレジットカードのキャッシングです。

住宅ローンや車のローンなどは対象となりません。 もしも、すでに他社から借り入れがあり、それが総量規制に引っ掛かるという場合には審査に通ることがないため、総量規制の対象外である銀行のカードローンなどを検討していく形になるでしょう。

ただ、実際の年収よりもサバを読んで審査に申し込みをし、通ったという方もいるようです。 こういった方法も不可能ではないのですが、最終的には自分の首を絞めてしまうことにもなりかねません。

返済能力以上の借り入れをしてしまうと困るのは自分なので、審査では嘘はつかないようにしましょう。

↑ PAGE TOP