キャッシングでは債務整理の紹介屋に気を付けよう

キャッシングでは債務整理の紹介屋に気を付けよう

キャッシングを利用する際には、注意しておかなければならないことがあります。それは、貸金業者を名乗る悪質な債務整理をする業者がいるということです。

これは紹介屋とも呼ばれている詐欺で、被害に遭っている方もたくさんいます。うっかりだまされてしまわないようにその実態についてご紹介しましょう。

紹介屋のターゲットになりがちなのが多重債務者です。複数の借り入れをしていて、なかなか借りられるところが見つからないという方は、特に気をつけなければなりません。

もし、貸金業を名乗っている債務整理の紹介屋に審査を申し込んでしまった場合、100%通ります。ですが、実際に融資を受けるために店舗に行くと融資を断られてしまうのです。

そこで紹介屋から「これ以上借金を増やさないほうがいい、新たな借り入れをするよりも債務整理をしたほうがいい」というアドバイスを受ける形になります。さらには弁護士を紹介されるのですが、これにより紹介屋は弁護士から紹介報酬を受け取るわけですね。

確かに債務整理というのは多重債務に苦しんでいる方に取ってひとつの救いでもあります。 それならばこの方法は特に問題がないのでは?と思うかもしれませんが、大きな問題があるのです。

それは、弁護士資格を持っていない紹介屋が弁護士に対して、債務整理の斡旋をすることは法律で禁止されているということ。つまり、紹介すること自体が犯罪だということです。

さらに言えば、紹介屋から紹介を受けている弁護士もその犯罪に加担しています。そういった形でしか顧客を獲得できない弁護士は、信頼することができませんよね。

債務整理は弁護士の腕によって結果が変わってくるケースもあるため、仮に債務整理という選択をする場合にも信頼できる弁護士を選ばなければなりません。

キャッシングをする際には、申し込みをしようとしている業者が本当にまともなキャッシング業者かどうか確認しておきましょう。

誤って貸金業者を名乗っている紹介屋に当たってしまうと大変なので、申し込みをした後もなにかおかしいなと感じたらよく調べた方が良いです。

↑ PAGE TOP